公開学術研究会情報について

  1. 「公開学術研究会インフォメーション」は、本学会の会員が責任ある立場で企画に加わって開催される国際法、国際私法、国際政治に関する公開の学術研究会・シンポジウムについて、その情報を広く会員の間で共有するものです。
  2. 具体的には、(1)招聘外国人研究者による国内公開学術研究会、または会員が企画や運営に参加する海外公開学術研究会、(2)会員が企画や運営に参加する国内公開学術研究会、を対象にします。
  3. 国際法学会が他学会等から情報提供を受けて、国際法学会事務局、国際法学会ホームページ委員会が適当と判断した情報を掲載することもあります。
  4. このページに掲載される研究会等は、本学会の活動ではありません。国際法学会は下記に掲載する情報についての責任を負いません。
  5. 情報の掲載を希望される方は、掲載依頼方法をお読みになり、メールでお知らせください。

アジア国際法学会日本協会 第13回研究大会

日時
2022年7月9日(土)
主催者
アジア国際法学会日本協会
テーマ・報告者
持続可能な開発のための多様な法的手法を求めて:理論面及び実務面におけるアジアからの貢献
会場
オンライン開催(Zoom Webinar)
連絡先
asiansil-jp2022@nifty.com
備考
事前申し込みが必要です。詳細はアジア国際法学会日本協会のHPをご参照ください。https://asiansil-jp.org/events/20220405/

常磐大学社会安全政策研究所主催 第5回公開シンポジウム 「今、ウクライナの危機を考える」

日時
2022年5月31日(火)16:20~17:50
主催者
常磐大学社会安全政策研究所
テーマ・報告者
挨拶・モデレーター  富田敬子 常磐大学学長
東欧・ロシア史の中のウクライナ
            安井教浩 常磐短期大学教授
「違法」な武力行使への国連による制裁と個別国家(群)による制裁
           渡部茂己 常磐大学常任理事
司法による対応の可能性と限界 
           尾崎久仁子 常磐大学特任教授
会場
常磐大学 センターホール
(オンラインで同時配信、事前申し込み不要)
オンライン参加へのリンク https://youtu.be/tDukv7sSS1o
連絡先
常磐大学社会安全政策研究所 大貫統括
     TEL: 029-232-2511 / FAX: 029-232-2861
     E-mail: tisssp@tokiwa.ac.jp
備考

第22回 若手人権問題研究会

日時
4月25日(月)17:00〜18:30
主催者
若手人権問題研究会
テーマ・報告者
報告者: 根岸陽太「ウクライナ情勢-人権・人道・難民との関係-」

コメンテーター: 新井京(同志社大学)
会場
Web会議アプリケーションZoom
(下記URLから登録された方へ開催数日前にリンクをお知らせします。)
連絡先
根岸陽太(ynegishi@seinan-gu.ac.jp)
備考
参加を希望される方には、下記Googleフォームにメールアドレスを含めた必要事項をご記入いただいたのち、Zoom詳細をお送りします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeQkSJ5OBNXe123QYBCy7ujOO5wrNE_pF0Nax0i7LxNvh_4iw/viewform

第99回 国際判例事例研究会

日時
2022年4月19日(火) 10時〜12時
テーマ・報告者
Allegations of Genocide under the Convention on the Prevention and Punishment of the Crime of Genocide (Ukraine v. Russian Federation), International Court of Justice, Order on the Request for the Indication of Provisional Measures of 16 March 2022.

< https://www.icj-cij.org/public/files/case-related/182/182-20220316-ORD-01-00-EN.pdf >



報告者:李 禎之 氏(岡山大学)

会場
Zoomでの開催 (登録者にのみメールでURLをお知らせします)
連絡先
国際判例事例研究会幹事  ilcases2002@gmail.com
備考
下記のURLから事前の出席登録が必要です。

<https://zoom.us/meeting/register/tJwuce2pqDMiHtb3_S0kl-CFZqlAIFhEp8Yj>

第98回 国際判例事例研究会

日時
2022年3月9日(水) 14時30分〜
主催者
国際判例事例研究会
テーマ・報告者
テーマ:〔事例研究〕日中戦後賠償問題
報告者:和仁 健太郎 氏(大阪大学)
参考文献:浅田正彦『日中戦後賠償と国際法』(東信堂、2015年)
会場
Zoomでの開催 (登録者にのみメールでURLをお知らせします)
連絡先
国際判例事例研究会幹事  ilcases2002@gmail.com
備考
下記のURLから事前の出席登録が必要です。
<https://zoom.us/meeting/register/tJ0sdO-hqj8rG9ObztiC_M_GfVcOy-RIq8q9>

創価大学平和問題研究所「大沼保昭記念文庫」開設記念シンポジウム

日時
2022年3月6日(日) 13:00‐15:00
主催者
創価大学平和問題研究所
テーマ・報告者
「人新世」時代をどう生きるか
―大沼保昭先生の人間観、歴史観、学問観に学ぶー

主催者挨拶
玉井 秀樹(創価大学平和問題研究所・所長)

報告と討論
蔦木 文湖(東洋哲学研究所・委嘱研究員)
「国際法に託された希望と未来─大沼保昭先生『国際法』出版に携わって」

三牧 聖子(高崎経済大学・准教授)
「学者はいかに現実と関わるか―社会との関わりの中の大沼保昭先生」

大中 真 (桜美林大学・教授)
「歴史学、国際関係論、そして国際法─大沼国際法学の意義」

総括と挨拶
大沼みずほ(大正大学・准教授)

会場
(Webinar)にて開催

連絡先
創価大学平和問題研究所・玉井秀樹 tamai@soka.ac.jp
備考
参加費は無料ですが、参加登録をお願いします。
登録フォーム:https://forms.gle/F5FYiAh2RnmKVQ1U9

登録いただいた方に後日Webinar開催情報をメールにてお知らせします。
さらに詳細な情報につきましては、以下のウェブサイトをご覧ください。
https://www.soka.ac.jp/pri/news_pri/2022/02/6922/

東京外国語大学国際関係研究所主催連続研究会「国際法の共約不可能性の研究」

日時
第5回 2022年3月10日(木)14:00-15:30

第6回 2022年3月16日(水)14:00-15:30

第7回 2022年3月31日(木)14:00-15:30
主催者
東京外国語大学国際関係研究所(企画:松隈潤 東京外国語大学教授)
共催:西南学院大学(司会:小寺智史 西南学院大学教授)
テーマ・報告者
第5回「国家管轄権外区域に適用される法原則としての『人類の共同の財産』について」

報告者  佐俣紀仁(武蔵野大学准教授)
討論者  加藤雄大(東北医科薬科大学講師)


第6回「国際人権法についての共約不可能性―性的指向に関する法的信念の分断を例として」

報告者  佐藤義明(成蹊大学教授)
討論者  沖祐太郎(九州大学特任准教授)


第7回「国際法学における『地域』観念の意義」

報告者  沖祐太郎(九州大学特任准教授)
討論者  松隈潤(東京外国語大学教授)
会場
Zoomによるオンライン開催

(参加ご希望の方は、下記の連絡先までご連絡ください。お申し込み後、URLを送付致します。)
連絡先
松隈 潤 jmatsukuma@tufs.ac.jp
備考
連続研究会「国際法の共約不可能性の研究」開催情報に関しては、東京外国語大学国際関係研究所ホームページをご参照ください。
http://www.tufs.ac.jp/common/fs/iir/index.html

アジア国際法学会日本協会 第13回研究大会 報告公募(Call for Papers)

日時
報告公募提出締め切り:2022年2月28日(月) 

研究大会開催日:2022年7月9日(土)
主催者
アジア国際法学会日本協会
テーマ・報告者
Exploring Various Legal Methods for Sustainable Development: Theoretical and Practical Contributions from Asia
会場
横浜国立大学(オンラインもしくはハイブリッド形式)
連絡先
2022asiansiljp@gmail.com
備考
詳細はアジア国際法学会日本協会のHPをご参照ください。https://asiansil-jp.org/events/20211130/

29th Annual Conference of Australian and New Zealand Society of International Law

日時
30 June – 2 July 2022
主催者
Australian and New Zealand Society of International Law
テーマ・報告者
International Law and Global Inter-connectedness
会場
ANU, Canberra and Online
連絡先
Please direct all enquiries to: anzsil@anu.edu.au
備考
Call for papers and panel proposals: Deadline 21 February 2022.

https://anzsil.org.au/event-4570278

掲載依頼方法

  1. 次の統一フォームに従い、情報をお送りください。この統一フォームを使用していない情報を掲載することはできません。
    • (1)研究会の名称
    • (2)日時
    • (3)主催者
    • (4)テーマ・報告者
    • (5)会場 (案内図のリンク)
    • (6)連絡先 (担当者、問い合わせ先)
    • (7)備考 (出席の申し込み、その他の事前連絡の有無など)
  2. 情報をお送りいただいても、国際法学会事務局、国際法学会ホームページ委員会が不適当と判断した情報は掲載しません。
  3. ここでいう「公開」には、広く一般に公開されている場合だけではなく、国際法学会会員が一般的に出席を認められる場合も含みます。
  4. 報告者や日時などの事後変更について、国際法学会は責任を負いません。
  5. 研究会の資料などをファイルでお送りいただいても、ファイルを掲載することはできません。ダウンロード可能なリンク先のみ掲載します。