小田滋賞

第7回小田滋賞 応募要領

 一般財団法人国際法学会は、国際法、国際私法、国際政治・外交史の分野における研究を普及し、とくに将来を担う若手研究者の育成を促進するために、「小田滋賞」を設け、同分野に関する優秀な論文を顕彰します。

 第7回受賞候補論文を次のとおり募集しますので、奮ってご応募ください。

1.応募資格

 日本国内の大学において、以下のいずれかの資格で在籍し、指導教員またはそれに準ずる教員の推薦を受けた方が対象となります(応募時に休学中の者を除く)。国籍は問いません。

  1. 学部(またはそれに相当する課程)に在籍する学生(短期大学に在籍する学生および高等専門学校に在籍する学生で高等学校卒業相当の資格を有する者を含む)
  2. 大学院博士前期課程または修士課程に在籍する学生
  3. 法科大学院に在籍する学生および司法修習生

 なお、過去に最優秀賞または優秀賞を受賞された方は応募できません。

2.論文のテーマ

 国際法、国際私法、国際政治・外交史のいずれかに関する論文を対象とします。

3.応募書類

(1)筆者の履歴書 ダウンロード
(2)指導教員またはそれに準じる教員の推薦書 ダウンロード
(3)応募論文 1部
  • 日本語による未発表の論文で、提出前の1年以内に作成したもの(卒業論文または修士論文として提出済または提出予定のものも可)。
  • 字数は、タイトル、注、資料等を含め20,000字以内(マイクロソフト・ワードの文字カウントの単語数換算による)。
  • ワード・ソフトによって、A4版用紙、文字ポイント10.5ポイントで作成のこと。
(4)論文要旨 1部
  • 字数は1,500字以内(形式は(3)に同じ)。
  • ファイルは全てpdf化して提出してください。また、応募論文については、pdf版に加えてワード版も提出してください。

4.提出期限

 2020年1月31日(金)

5.論文の選考

 「小田滋賞」選考委員会において審査・選考を行います。

6.賞の内容

(1)最優秀賞 1編   副賞(30万円)
(2)優秀賞  2編以内 副賞(20万円)
(3)奨励賞  3編以内 副賞(10万円)

 最優秀賞については該当なしとなることもあります。

 また、優秀賞および奨励賞については、原則として、上記定数の範囲内で授与します。

7.選考結果の発表

 選考結果は、2020年6月頃、授賞分について本人に通知するとともに、学会ホームページおよび国際法外交雑誌で発表します。

8.授賞式

 授賞式については、受賞者に追って通知します。

9.提出先

一般財団法人国際法学会 国際関係法教育委員会(担当者:西谷 祐子)

E-mail:oda.award.jsil★gmail.com (★を@に置き換えてください)

上記アドレスにEメールで提出してください。

10.お問い合わせ先

一般財団法人国際法学会 国際関係法教育委員会(担当者:西谷 祐子)

E-mail:oda.award.jsil★gmail.com (★を@に置き換えてください)

ダウンロード

小田滋賞 ポスター

 第7回小田滋賞のポスターです。会員の皆様には、所属機関における掲示、配布など、ご協力いただければ幸いです。

 

これまでの小田滋賞

第6回 小田滋賞

受賞者発表

 第6回「小田滋賞」の受賞者を下記の通り発表いたします。

選考経過・授賞式

 第6回「小田滋賞」の選考経過、および、2019年6月8日に開催された授賞式について、下記の通り報告いたします。

 

第5回 小田滋賞

受賞者発表

 第5回「小田滋賞」の受賞者を下記の通り発表いたします。

選考経過・授賞式

 第5回「小田滋賞」の選考経過、および、2018年6月24日に開催された授賞式について、下記の通り報告いたします。

 

第4回 小田滋賞

受賞者発表

 第4回「小田滋賞」の受賞者を下記の通り発表いたします。

選考経過・授賞式

 第4回「小田滋賞」の選考経過、および、2017年6月11日に開催された授賞式について、下記の通り報告いたします。

 

第3回 小田滋賞

受賞者発表

 第3回「小田滋賞」の受賞者を下記の通り発表いたします。

 

第2回 小田滋賞

受賞者発表

 第2回「小田滋賞」の受賞者を下記の通り発表いたします。

選考経過・授賞式

 第2回「小田滋賞」の選考経過、および、2015年6月21日に開催された授賞式について、下記の通り報告いたします。

 

第1回 小田滋賞

受賞者発表

 第1回「小田滋賞」の受賞者を下記の通り発表いたします。

選考経過・表彰式

第1回「小田滋賞」の選考経過、および、2014年6月29日に開催された表彰式について、下記の通り報告いたします。