教員・研究員等公募情報について

  1. 「教員・研究員等公募情報」は、大学およびその他の研究教育機関の間における教員・研究員の流動化や、各種補助金を基礎とした研究教育機関による研究員受入れの増加を考慮し、これらの情報を広く会員の間で共有できるようにするために開設するものです。
  2. 具体的には、「大学およびその他の研究教育機関による国際法、国際私法または国際政治・外交史に関連した分野での教員・研究員等の公募情報」を対象とします。
  3. 本ページに掲載される内容は、本学会による推薦等を意味するものではありません。
  4. 掲載情報の具体的内容については、公募機関に直接お問い合わせください。
  5. 掲載依頼の手続、掲載内容などについては、掲載依頼方法をお読みになり、メールでお知らせください。

外務省在外公館専門調査員(2022年度秋)

公募対象の研究領域
外務省在外公館専門調査員とは、労働者派遣法の下で、わが国の在外公館(大使館、 総領事館、政府代表部、領事事務所)に原則2年の任期をもって派遣され、在外公館 の一員としてわが国の外交活動に資するため、語学力及び専門性を生かしつつ、在外 公館長の指揮監督の下に、派遣国・地域の政治、経済、文化等に関する調査・研究及 び館務補助の業務を行なうものです。2022年9月1日現在、152公館に193名を派遣して います。
公募期間
2022年10月13日(木) 15時(日本時間)まで
公募機関による公募情報が掲載されているアドレス
http://www.ihcsa.or.jp/zaigaikoukan/sencho-01/sencho-02/

任期付外務省職員の募集(北東アジア第一課・日韓関係分野)

公募対象の研究領域
外務省アジア大洋州局北東アジア第一課(兼日韓請求権関連問題対策室)任期付外務省職員
採用期間は令和4年12月1日以降の採用日から2年間を予定。
 (注)採用期間は相談可能です。

韓国関連分野に関して、アジア大洋州局北東アジア第一課(日韓請求権関連問題対策室兼任)にて以下の業務を行います。
(1)日韓関係、韓国情勢に関する各種調査・分析業務
(2)日韓関係、韓国情勢に関する渉外・調整に係る業務(関係者との調整、折衝等)
(3)その他の北東アジア第一課及び日韓請求権関連問題対策室の所掌事項に関連する業務
(注)上記の業務はあくまで一例であり、具体的に担当いただく個別の業務については、採用予定者の経歴・適性や、北東アジア第一課が所掌している業務の進展状況を踏まえ、改めて決定します。
公募期間
令和4年9月30日まで(必着)
公募機関による公募情報が掲載されているアドレス
https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page24_001898.html

笹川科学研究助成の募集

公募対象の研究領域
【学術研究部門】
 ・大学院生等(修士課程・博士課程)
 ・35歳以下の任期付き雇用の若手研究者
 ・ただし、「海に関係する研究」は重点テーマとして支援し、雇用形態は問わない。
 ・助成額は、1件150万円を限度とする
【実践研究部門】
 ・学校・NPO職員等に所属している方
 ・博物館、図書館等の生涯学習施設に所属している学芸員・司書等
 ・年齢、雇用形態は問わない。
 ・助成額は、1件50万円を限度とする
公募期間
2022年 9月15日 から 2022年10月17日 23:59 まで
公募機関による公募情報が掲載されているアドレス
https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/

外務省任期付職員募集(海洋法室海洋法・海洋問題関連分野)

公募対象の研究領域
任期付外務省職員の1名募集(海洋法室)
採用期間:令和4年11月1日から令和6年10月31日までの2年間(予定)
 (注)採用期間は相談可能です。

海洋法・海洋問題関連分野に関して、国際法局海洋法室にて以下の業務を行います。
(1)海洋法関連分野に関する各種事業の企画、立案、調整、執行管理業務等
(2)海洋法関連分野に関する渉外・調整に係る業務(各種ステークホルダーとの調整、折衝・交渉等)
(3)海洋法関連分野に関する各種調査業務
(4)国際約束等の解釈・運用に係る業務等
(5)その他の海洋法室の所掌事項に関連する業務
(注)具体的に担当いただく個別の業務については、採用予定者の経歴・適性や、海洋法室が所掌している業務の進展状況を踏まえ、改めて決定。
公募期間
令和4年8月31日まで(必着)
公募機関による公募情報が掲載されているアドレス
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ila/ocn/page23_003921.html

国際基督教大学 (ICU)教員公募

公募対象の研究領域
国際法専任教育職員(国際組織法及び国際機構論の科目を担当できる候補者の応募を歓迎)
公募期間
2022 年8月29日 17:00 (JST) 必着
公募機関による公募情報が掲載されているアドレス
https://www.icu.ac.jp/news/position.html

外務省国際裁判機関等インターンシップ支援事業参加者(第一次)募集

公募対象の研究領域
国際法・国際私法分野におけるインターンシップ支援事業。
インターンシップ支援の対象となる機関:国際司法裁判所(ICJ)、国際海洋法裁判所(ITLOS)、国際刑事裁判所(ICC)等の国際裁判機関、その他の国際機関の法務部門。
公募期間
令和4年8月31日締切
公募機関による公募情報が掲載されているアドレス
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ila/ila/page24_001742.html

掲載依頼方法

  1. 原則として、公募機関に在籍する会員から情報をご提供いただきますが、それ以外でも、当該情報が会員一般にとって有益である場合など、事務局、ホームページ委員会が適当と認めた場合には掲載を許可することがあります。
  2. 次の統一フォームに従い、情報をお送りください。この統一フォームを使用していない情報を掲載することはできません。
    • (1) 公募機関名
    • (2) 公募対象の研究領域
    • (3) 公募期間
    • (4) 公募機関による公募情報が掲載されているウェブサイトのアドレス
  3. 情報をお送りいただいても、事務局、ホームページ委員会が不適当と判断した情報は掲載しません。
  4. 掲載後の情報の変更等について、学会としては責任を負いかねます。
  5. 公募関連の資料などをファイルでお送りいただいても、ファイルを掲載することはできません。